2015年09月01日

病院くすり病院付添い1日目。。の御話しです。。くすり病院







雨も 上がり お日様も 少しだけ。。

御空には もくもくと 入道雲のような 真っ白い雲が

アイスクリームの様に 高く 上へと 伸びて

美しかったですね。。



今日は 夫の お母さんの付添で 眼科の外来でした。。

以前 私立病院でした その病院は

中が 新しくなって とても 綺麗に なっておりました。。

眼科は お二階。。

エレベーターの 横に

「無理せず こちらを ご利用ください」との 張り紙がありました。。。



左の眼の 視力が とっても 落ちておりますそうです。。

原因は 血管のつまりからの 血流の悪さが

視野に 影響しているとのこと。。


目薬を さしつつ

もう少し 様子を 見ましょうとのことで

目薬を 頂いてから 帰宅しました。。。




目が 見えにくいのは 怖いでしょうね。。。

何とか ならないものかしらと思ってしまいます。。。



明日は 抗がん剤の方の 外来ですので

今夜は 無理にでも チョコット 眠らなくちゃと 想います。。。




小さな がま口さん。。


CIMG8710ss.jpg


人絹か 交織りだったかと 想います。。

色紙遊びの だまし船のような 可愛い絵柄。。

こちらは 帰久さんの 御伴です。。




さぁ お茶碗洗って 少しでも 御針致しましょう。。


まだ 夏の疲れが 残りますね。。

皆々様も どうか 御身体 御慈愛下さいましね。。






∞∞∞∞∞∞ 20世紀の名言より ∞∞∞∞∞∞



   どうも、人間は誰でも、自分がすこし励んでいると、

   おれはかくの如くやっていると、すぐ自負してしまう所がある。

   それが、何事に於いても、修業の止まりになってしまうのである。

   以来、私は、いつでも、

   自分が努力したと自分でゆるす心になる時は、

   いやまだ自分の先には、自分以上やっている人間が無数にあるぞ

   ─ と云う事を自誡として胸に思い出すことにしている。




                     ─ 吉川 英治 ─
                      (『窓辺雑草』)



戒めですね。。大事な事ですね。。


明日も 佳き日で 在ります様に。。。










                 夜

ニックネーム moco at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする