2016年02月07日

顔(笑)夜雪降らず。。と夢の霧。。の御話しです。。夜虹







今朝は 真っ白。。。。かと 想いましたら

少しだけ 大きな雪が 舞いましたようですね。。

私は お昼あたりまでは 夢の中。。。でございましたので

娘からの報告で 小さな雪の御話しを 聴きました次第です。。




時々。。。夢に出て参ります風景は

夜 乳白色の濃い霧の中 目の前には 傾斜の急な石段が在り

赤い手摺が 掛かっております。。

その上には 神社が在りまして

鳥居の赤や 両端に生い茂る緑の色。。

そして まとわりつく霧。。

夢の中で 目に映ります霧は 乳白色なのですが

目が覚めましてからの印象は 

今まで 其処に居りました夜の闇と 手摺の横の 緑と 交じり合って

緑色の 霧。。。。いつも そんな風に とらえてしまいます。。


石段は いつも 途中まで 。。

其処から引き返して また 戻ります。。




頭のなかって 面白いですね。。

繰り返し見ます夢には どんな意味が在るのでしょうね。。。エヘヘ。




御針のほうは 次のオーダーの 準備の方へ。。

親子のがま口さんの ご依頼で

初めてながらも 楽しんで 喜んで頂けますよう

頑張りたいと 想います。。






∞∞∞∞∞∞ 20世紀の名言より ∞∞∞∞∞∞





   自分でも何かのお役に立つのだ。このことは喜びである。

   この喜びは自分の一生が無意味でないことを示している。

   このことを幸福に感じるのである。






                     ─ 武者小路 実篤 ─
                       (小説家)



雨の音が 聴こえて参ります。。

また明日 お逢いしましょうね。。

明日も 佳き日で 在ります様に。。。










                 雨

ニックネーム moco at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする