2016年11月15日

台風たらーっ(汗)結露の想い出。。の御話しです。。台風台風








雨も去り まだ 気温も そう下がりはしませんでした今日の日でした。。

それでも 今から 坂を転がります様に

冷えてくるのでしょうね。。

遠い日 幼い頃は 石油ストーブ。。灯油のストーブの事だと

想いますが

それと 火鉢などで 暖を取っておりましたね。。




マッチで 火をつけて 円い芯に 着火しますと しばらくは 炎があがり

すすが出ませんように 調整をしなくては なりませんでしたが

目に見えております このオレンジ色の灯りが

どんどん暖かくなっております様は 指先や 心も ほぐれますような

温もりでした。

火鉢は かなり 御傍にまで 寄りませんと

温かくは 感じられませんでしたので

子どもの頃 寒い冬場には ストーブは 無くてはならないものでしたね。。




火をつけて 暫くも 致しましたら

窓には うっすらと 結露が 生じます。。

細かな水滴で 雲って見えます窓は

子どもには 格好の 画材でございました。。

指で 色々な 絵をかき 動物や 人や お花。。

動物や 人の絵は 次第に 涙顔になって

最後は 悲しげに みえました。。。



ストーブの上では お薬缶が しゅんしゅんと 音を立て

たまには 母が 煮豆などの 小鍋を 乗せております事も。。。

あずきや 白豆。。

とろい火で 気長に 煮込みます様なものには 最適でしたね。。

祖母が キンカンを 甘く 煮ておりました事も

懐かしく思い起こされます。。





御針のほうは ブライスさんの御洋服。。

まず 裏地から 掛かっておりますので

もう少し 掛かりそうです。。






さぁ 始めましょう。。






また明日 お逢いしましょうね。。

明日も 佳き日で 在ります様に。。。











                夜


ニックネーム moco at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする